ドローンスクールって必要なの?

アイデザインファクトリー株式会社 代表取締役の岡元です。

私は、自社でドローンによる空撮業務を請け負いながら、千葉ドローンスクールでインストラクターも務めています。

皆さんからよく聞くドローンの疑問について私なりに書いてみました。

2015年首相官邸にドローンが墜落してから一気にドローンの認知度も上がり、今ではテレビ番組を見ていてもドローンで撮影したであろう映像を多く見る機会が増えました。

ドローンはAmazonなどの通販サイトでも手軽に入手することが可能で、簡単に飛ばす事が出来そうではあるものの、「免許がいるんだっけ?」「許可とかどうやってとれば良いの?」
という疑問にはっきり答えられる人はまだ少ないのではないでしょうか。

最近「無許可で飛行し逮捕」「墜落して怪我人が出て書類送検」などといったニュースも聞かれるようになってきました。

知識が無くて飛ばしてしまうと、色んな人に迷惑をかけたり、場合によっては人の命を奪ってしまう恐れもあるのも事実です。

 
ドローンスクールにいかないと操縦できないのか?
 

操縦技能だけでいうと、答えはズバリNOです。
 
私は2014年から飛ばしていますが、当時はドローンスクールなんて無かったし、独学で飛ばしていました。
※ドローンを自由に飛ばす事が出来なくなる法律が施行されたのは2015年12月10日

安全な広い場所において、見える範囲で飛ばすのは、5分もレクチャーを受ければ誰でも簡単に飛ばせます。

ではなぜドローンスクールが必要なのか?

大きく理由は3つ

1.ドローンに関わる法律を正しく理解し、違法とならない飛行が出来るようになること

2.機体やアプリの機能、設定やメンテナンスが出来るようになり安全に飛行できるようになること

3.飛行する環境に対して、安全で墜落させないための飛行計画を立てる事ができるようになること

千葉ドローンスクールでは、これらを3日間で習得することが出来ます。
そして、2つのライセンス

・JUIDA操縦技能証明証

・JUIDA安全運航管理者証明証

を取得できて、これらのライセンスが、航空局や国土交通省への飛行申請や許認可に対して必要となってくるのです。
※JUIDAは国土交通省認定の認定講習団体なので申請書の一部が省略可能になります。

まずは、無許可で飛ばすと航空法に振れる場所や状況が9つあります。

①空港周辺
②150m上空
③人口密集地区
④夜間飛行
⑤目視外飛行
⑥第三者の30m未満
⑦イベント会場上空
⑧危険物の輸送
⑨物の落下

その他航空法以外での規制として

①国の重要な施設、外国公館、原子力事業所等の周辺
②私有地の上空
③条例による制限
④電波法に触れる行い
⑤道路からの離着陸

あと、ドローンに関わる法律だけでも

・航空法
・小型無人機逃避行禁止法
・道路交通法
・民法
・個人情報保護法
・電波法
・外為法
・産廃法
・刑法
・条例

などが関わってきます。

これらを理解したうえで、安全な飛行計画を立て、必要な許可申請をするためにドローンスクールが一役かっているという事なんです。

ドローンスクールにも短時間激安スクールもありますが、カリキュラムが限定的な為、そこで取得したライセンスでは許可が下りない状況などがあったりするので注意が必要です。
カリキュラムの中に夜間飛行や目視外飛行の授業が無ければ、そこのライセンスではそれらの申請は当然下りません。

最後にドローンに興味がある人に向けて、ドローンスクールに行く一番のメリットとしてお伝えしたいことは、機体の購入からメンテナンス、飛行場所や申請など、卒業後も有識者に相談できるという事です。

ドローンに関する法律は結構な勢いで変わっていっていますし、飛行制限のある場所の情報など、日々情報が入ってきている状況です。
最近の法改定では飲酒してドローン操縦すると3年以下の懲役または50万円以下の罰金となりましたし、ラグビーワールドカップ、皇室の行事、国賓の来日に伴い、一時的に飛行禁止になる事もよくあります。

関係機関と精通しているドローンスクールと繋がっている事が、ドローンを安心して飛行できる近道ではないでしょうか。

あとは、空撮などは業者や有識者に任せてしまうのが、なお安心ですね。

※ここでのドローンとは重量が200g以上のものを差しています

ライセンス取得は千葉ドローンスクール
https://chibadrone.jp/

空撮のご依頼はアイデザインファクトリー
https://id-f.com/drone


写真はこども向けドローン体験会にて
撮影:浅倉 真一 氏

化学プラント工場にてドローンによる高所設備点検を行いました

千葉県内の化学プラント工場にてドローンによる高所設備点検を行いました。

今回はドローンから送られてくる映像をリアルタイムでお客様にモニターしてもらい、点検箇所を細かく指示をいただきながら飛行、撮影を行いました。

安全を第一に、立ち入り禁止エリアの設定と監視員2名の設置、安全運行管理者1名(有資格者)と操縦者1名(有資格者)の計4名体制で無事、満足いく点検を行うことが出来ました。

アイデザインファクトリーでは、事前のヒアリングにより安全かつ最適な飛行計画を立てたうえで実行いたします。

DSC_0122

DSC_0123

富津の高級貸別荘「カプリハウス」のPR動画を制作いたしました。

広々とした芝生のお庭から美しい海が一望。

オフサイトミーティング、BBQパーティ、ご家族連れの旅行等、誰にでも気兼ねなく、一棟貸切でご利用できます。

リビングダイニング、IH付きのダイニング、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、調理器具も一式完備

高級貸別荘「カプリハウス」| 千葉県富津市竹岡

富津の高級貸別荘「カプリハウス」のPR動画を制作いたしました。広々とした芝生のお庭から美しい海が一望。オフサイトミーティング、BBQパーティ、ご家族連れの旅行等、誰にでも気兼ねなく、一棟貸切でご利用できます。リビングダイニング、IH付きのダイニング、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、調理器具も一式完備詳しい内容、ご予約はhttps://www.agriplan.jp/cgi-bin/agriplan/siteup.cgi?category=1&page=1

アイデザインファクトリー株式会社さんの投稿 2019年8月20日火曜日

詳しい内容、ご予約は

テレビ東京 | よじごじDaysにドローン映像を提供しました

【ドローン撮影】

テレビ東京 | よじごじDays

2019年8月16日(金)15:40~放送された
『ご当地タクシーで巡る穴場旅in木更津』
のオープニングで使用された空撮映像を提供させていただきました。

https://www.facebook.com/idesignfactory.jp/videos/506481000097947/

櫻井・有吉THE夜会でドローン撮影を行いました

【ドローン撮影】

TBSテレビ|櫻井・有吉THE夜会 

2019年8月15日放送の永野芽郁さんが大型自動車免許、大型特殊免許、大型自動二輪免許に挑戦する企画でドローン撮影を担当させていただきました。

2019年8月15日放送 TBSテレビ|櫻井・有吉THE夜会

【ドローン撮影】TBSテレビ|櫻井・有吉THE夜会 2019年8月15日放送の永野芽郁さんが大型自動車免許、大型特殊免許、大型自動二輪免許に挑戦する企画でドローン撮影を担当させていただきました。

アイデザインファクトリー株式会社さんの投稿 2019年8月15日木曜日

「アクアコインまつり」でドローンの操縦体験を行いました

2019年3月17日(日)君津信用組合本店で開催された、「アクアコインまつり」において、ドローンの展示、フライトシュミレーターによるドローン操縦体験を行いました。

こどもから大人まで約50名の方が、実機さながらの本格的なフライトシュミレーターで、ドローンの操縦体験をしていただきました。
 
 
アイデザインファクトリーでは、イベントでのドローンの展示、体験、トイドローンを使ったこども向けプログラミング教室など、ご相談承ります。

ドローンのメンテとテスト飛行を行いました。

2016年12月25日木更津市港南台上空150mからみた東京湾

dji_0018

今まで、飛行許可が必要なエリアと不要なエリアの境目(不要なエリア側)でテスト飛行を行っていましたが、この際テスト飛行用上空は余裕をもって、広範囲で1年間、きちんと国土交通大臣に許可をもらいました。

dsc_0802

2015年12月10日にドローン規制の改正航空法が施行されてから、ドローンを飛行させるには許可申請が必要のない空域を除き、国土交通大臣(国土交通本省)、各空港事務所長に許可申請書を提出することが義務付けられました。

飛行申請が必要なのは大きく2つのケース

1. 許可が必要なケース

飛行禁止空域でドローンを飛行させる場合、国土交通大臣の許可が必要になります。

1-1. 空港周辺の上空
1-2. 地表又は水面から150m以上の高さの空域
1-3. 人又は家屋が密集している人口集中地区の上空

下記ページのフライトマップで確認できます。
http://www.dji.com/jp/flysafe/no-fly

2. 承認が必要なケース

夜間に飛行させるなど、所定の飛行ルールによらずに飛行をさせる場合、国土交通大臣の承認が必要になります。

2-1. 夜間(日没後)飛行
2-2. ドローンを目視できる範囲外での飛行
2-3. 他人や物件からの距離が30m以内での飛行
2-4. イベントなど多数の人が集まる催し上空の飛行
2-5. 爆発物など危険物の輸送
2-6. ドローンから物を投下

アイデザインファクトリーでは、飛行申請許可から撮影、編集まで格安で承っております。
飛行場所と撮影内容に応じて無料にてお見積りしますので、お気軽にお問い合わせください。

プロレスイベントの空撮を行いました。

千葉県君津市、喫茶ZiZiで行われました、元クラッシュギャルズの長与千種が設立した女子プロレス団体『マーベラス(MARVELOUS)』のプロレスイベントを空撮させていただきました。

marv01

marv02

dsc_5287

dsc_2705

14141984_1039452296167879_5327209546026817212_n

亀山温泉ホテルの空撮(ドローン)を行いました。

千葉県君津市、房総半島の中央に位置し、昭和5年より続く源泉100%掛け流しの老舗温泉ホテル、亀山温泉ホテルの空撮をさせていただきました。

11822585_10207765792082083_5405496690193577509_n

総理官邸へのドローン落下事件以来、無人航空機(ドローン)に対する規制する動きが強まり、空撮できる機会も減少している中、広い土地を所有する方からの依頼はありがたいものです。

5

亀山温泉ホテルは、東京湾に注ぐ小櫃川を堰き止めて作られたダム湖である亀山湖の湖畔にあり、紅葉狩りクルーズや新緑クルーズ、バスフィッシングで有名で、四季折々の景色を楽しむことができます。次は紅葉シーズンに撮影したいです。

3

1

参代目若旦那 鴇田さんと

4

亀山温泉ホテルについて詳しくはこちら
https://www.kameyamaonsen.jp/