Webサイトの常時SSL化について

2014年夏頃より話題になっていた常時SSL化について弊社では静観していましたが、お客様からのお問い合わせも増え関心も高まっている事から実際どうなのか?という事で弊社サイトを常時SSL化対応しました。

(変更前)http://id-f.com
(変更後)https://id-f.com

キャプチャ

常時SSL化とは何かというと、今までは個人情報を取り扱うECサイトやお問い合わせフォームのみ「https」にて保護された通信をする事が主流でしたが、
スマートフォンやタブレットの普及により無線LAN環境が主役となり、特に公衆無線LANを利用した通信は送受信中のデータを第三者に覗き見されるリスクが高いため、
常にデータを暗号化した上で送受信する常時SSLが必要となってきています。

GoogleやFacebook、Youtubeなどは既に、アドレスがhttpsとなっており、アドレスバーに鍵マークが付いていますよね。

先日Yahoo!Japanも2017年3月までに常時SSL化すると発表がありました。
http://docs.yahoo.co.jp/info/aossl/index.html

常時SSL化にするメリットとしては、

・盗聴、パケット改ざんの防止
・サイトの信頼性向上
・検索エンジンからの評価が上がる(Googleが常時SSL化されたサイトの検索順位を優遇すると発表)

実際にSEOに影響するかどうかは、弊社サイトでレビューしていきたいと思います。

デメリットとしては、若干のコストと移行で失敗した時のリスクだと思いますが、ホームページがハッキングされたり、マルウェアに感染したり改ざんされる事の危険性を考えると、
常時SSLしない理由はあまりないと言えます。

常時SSL化についてのご相談、お見積りはお問い合わせフォームよりどうぞ。